30代営業マンの愛用品図鑑

30代営業マン。子供が2人になりました。趣味の革製品・ダイエット・財テクなど関心のあることを素直に記録していきます。

疲れたときにレッドブルより元気になる方法。

こんにちは、Mi-kunです。この前高校同級生とで久しぶりに集まって、心洗われるような時間を過ごせました。今日はそこで感じたちょっとした気づきをまとめてみました。30すぎて気づくことじゃないかもしれませんが。。人見知りの人に読んでいただけると嬉しいです。

営業マンって人見知りの人が多いんです。

営業マンは人付き合いの仕事です。でも私が思うのは、営業マンは人付き合いが上手な人よりも「人に気を使っちゃう人」が多いような気がします。だって、基本的に自分がしたいことじゃなくて相手のしたいことに自分と会社を合わせにいくわけですから。だから、結構人との間で磨り減るんです。

それが積み重なると、何にも縛られずにひとりでいられることに幸せを感じるようになります。どんなに遅く帰っても30分から1時間ぐらいはひとりで何も考えずにボケっとする時間を取るのが精神安定剤だったりします。

これ思い切って話してみると、結構周りで当てはまる人多かったです。

http://www.smartclick.jp/wp-content/uploads/2015/01/500.jpg

 趣味ですら実はひとりじゃできないことの方が多い。

そうするとプライベートで周りの人と予定を合わせて遊びに行ったり、なんてことも面倒になってきます。ひとりで黙々とできる趣味で気分転換を・・という発想もあるのですが、実は趣味ってひとりでできないことの方が多い、あるいはひとりで自由な時間を休日に取るなんて結構贅沢なことだったりします。だから、私の周りの消耗している人たちは、「俺って趣味がなくて困ってるんですよね・・」っていう人多い。趣味を持つことって、実は心の余裕がないとできないことなんです。

すきなひとといるのは楽しい。

今回は友人の留学、という場が会って久しぶりに友人と会いました。実は今まではお誘いがあっても、すり減ってしまっていて断ることも結構ありました

でも今回行ってみたら、楽しいこと楽しいこと。お互いの近況報告や昔話をなーんにも飾らずに話せることがこれほど楽しいとは。目からウロコでした。

昨日後輩が同じような悩みを言っていました。誰と話しても楽しくないけど、特定の人といる時だけ楽しいって。その人と後輩と一緒に飲みに行きましたが、後輩の顔がいつもよりとても明るく幸せそうでした

心を許せる人といるってことは本当に幸せなことなんだなぁとその時思いました。

https://i1.wp.com/eitopi.com/wp-content/uploads/2015/07/s_222631672.jpg?resize=680%2C454

ひとつの出会いがまた次の出会いに広がっていく。

たまたま、その場で盛り上がった同級生と私の友人が知り合いで後日飲みに行くことになりました。好きな人とまた好きな人が会えば、きっと私も楽しい気がして楽しみにしています。

まとめ。自分が動いた方がいいことがあるような気がする。

仕事ではよくこれ言われることですが、プライベートの方がより満足感高いんじゃないかと思います。誰にでも、用もなくLINEとかできるようになりたいです(笑)

直接会うのが難しい親友もいると思います。別に直接合わなくても、ネットで繋がりを持てるだけでも同じ感覚が得られるような気はします。今度私もアメリカにいる友人にコンタクトをとってみたいと思います。

ワークライフバランスなんて仕事しない人の言い訳じゃないか!!なんて思ってましたが、こういうことを指しているのかもしれませんね。日々を楽しく過ごすことで、周りの人にもいい影響を与えれる人になりたいもんです。